ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > 特集

(2013/11/11)

13年上半期のライブ市場規模は拡大


一般社団法人 コンサートプロモーターズ協会正会員58社の13年上半期総公演数は1万493公演だった


上半期ライブ総動員数・総売上額の推移

 一般社団法人コンサートプロモーターズ協会(A.C.P.C.)の平成25年(2013年)上半期の基礎調査がまとまった。同協会が半期のデータ統計を発表するのは、今回が初となるため、前年と直接比較しての検証はできないが、12年の実績に対する達成率で見ると、13年上半期は公演数、観客動員数ともに50%を上回っている。昨年、初の年間2万公演、観客動員3000万人の大台を突破したが、このペースでいくと、昨年の市場規模を上回りそうな勢いである。


■前年実績に迫る勢い 13年上半期の市場規模は拡大

 コンサートプロモーターズ協会(A.C.P.C.)はこのほど、コンサートに関するデータ統計「平成25年(2013年)上半期基礎調査報告書」を公表した。正会員58社の13年上半期の公演数の合計は1万493公演、動員数の合計は1638.4万人、総売上額は935億円となっており、3つの指標いずれもが12年の年間実績の半分強を達成している。

 ライブ・エンタテインメント業界では、上半期より下半期の市場規模が膨らむことを考えると、好調なペースで前年実績に迫っていることがわかる。また、今年の夏期(7〜9月)は大型野外フェスやライブが目白押しだったことも鑑みると、13年の年間市場規模が12年を上回ることは想像に難くない。

 因みに、総売上額を総動員数で割った、観客1人あたりの利用料金を比較すると、12年:5270円→ 13年上半期:5708円と上昇している。08年:4771円と比較すると、5年で1000円近く金額が上がっていることがわかる。

 13年上半期の地域別公演数では、「関東」が3672公演と全体の35%のシェアを占め、もっとも多い。その次が「近畿」の2212公演(シェア21%)となっており、この2つの地域で56.1%と半数強を占める。この数字からも、いかに大都市に公演が集中しているかがわかる。その内訳を見ると、「東京」が2817公演(シェア27%)、「大阪」が1725公演(シェア16%)となっており、一極集中ぶりが顕著である。

 12年の実績では「東北」「近畿」での公演数、観客動員数がともに前年比121%と伸張した。とくに「近畿」は、観客動員数も前年比164%と大きく伸びた。その理由として、10年にいったん休館していた大阪厚生年金会館が、12年4月に「オリックス劇場」としてオープン。同じく「Zepp Osaka」は「Zepp Namba OSAKA」と名称変更し、よりアクセスしやすい難波に移転したことなどが挙げられるが、加えて、今年4月には休館していたフェスティバルホールもリニューアルオープンしている。施設が増加した13年はどれほどの伸張を示すのか、興味深い。


■調査団体名:一般社団法人 コンサートプロモーターズ協会
■調査対象期間:2013年1月1日〜6月30日
■会員社数:58社

(ORIGINAL CONFIDENCE 13年11月11日号掲載)


■関連記事
> 野口五郎が発案、ライブの感動を持ち帰る「テイクアウトライブ」(13年10月28日号)
> 高額ライブチケットに保険、日本初サービス(13年8月5日号)


→ ほかの記事を読む
→ サイトTOPに戻る

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top