ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > NEWS

(2009/07/21)

総務省「メディア・ソフトの制作及び流通の実態」調査公表。
ネットワークでの流通が急速に拡大

 総務省は7月6日、「メディア・ソフトの制作及び流通の実態」に関する調査結果を公表した。

 それによると、07年のメディア・ソフトの市場規模は11兆4110億円。映像系は増加したが、音声系、テキスト系が減少し、市場全体は横ばい(対前年比0.3%減)となった。ただし、パソコン、携帯電話等を利用したネットワークでの流通(ネットワーク流通市場)は急速な拡大が続き、9772億円に(表上)。対前年比11.5%増となり、1兆円に近い規模に成長した。ソフト別に見ると、音楽ソフト(ネットワークダウンロード等)、ゲームソフト(オンラインゲーム等)、ビデオソフト等において、ネットワーク配信が大幅に拡大した(表下)。また、09年3月に実施したユーザーへのアンケートでは、インターネット(パソコン、携帯電話)利用者の約半数が直近1ヶ月以内に有料コンテンツを利用したと回答している。


総務省調査結果


(ORICON BiZ7月20日号より抜粋)

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top