ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > ヒット分析

(2013/10/28)

『Mステ』出演で人気上昇した平均年齢17歳のバンド


アイルランド出身、平均年令17歳の4ピースバンド「ザ・ストライプス」

 アイルランド出身の平均年齢17歳の4ピースバンド、ザ・ストライプスの世界デビューアルバム『スナップショット』が発売6週目で再浮上し、10月28付アルバムランキングで週間0.4万枚を売り上げ、16位にランクイン。9/23付以来となるTOP20入りとなった。

 ザ・ストライプスは11年に結成。本年4月に世界初CD化となる日本デビューEP『ブルー・カラー・ジェーン−日本デビューEP』を発売。同月には『スッキリ!!』(NTV系)、『ミュージックステーション』(EX系)へ出演し、パフォーマンスを披露し、4月24日には東京・渋谷クラブクアトロで行われた日本公演チケットを即完させた。

 満を持してリリースされた『スナップショット』は、オリジナル楽曲に加えて、「ローリン&タンブリン」や「イット・エイント・ライト」など、50〜60年代のブルースの名曲のカバーも多数収録。コアな音楽ファンも満足させる仕上がりとなっている。

 発売に合わせ、10月に再来日し、東京・福岡・大阪・名古屋を回るツアーを開催。すべてソールドアウトさせた。また、10月18日には2度目となる『ミュージックステーション』に出演。大人層の評価の高い彼らだが、若年層へのアプローチとして、学生バンドとの対バンイベントを開催。10月13日に全国から勝ち抜いた学生3バンドと共演している。

 タワーレコード渋谷店洋楽バイヤー北爪啓之氏は「10代後半から20代のUKロックファンが反応しているようです」と語り、「TV出演もあり、楽曲への関心とともに、まだ幼くヤンチャな雰囲気も若年層に訴求しているのでは」とその人気を分析する。メディアへの出演+ライブで大きなインパクトを残したザ・ストライプス。デビューアルバムがどこまでセールスを伸ばしていくか、今後の動向も注目したい。
(ORIGINAL CONFIDENCE 13年10月28日号掲載)


世界デビューアルバム『スナップショット』、日本での週間売上動向
■関連記事
> 世界的DJブームがついに到来!?(13年10月21日号)
> 2CELLOS、お茶の間へのビジュアル戦略でヒット(13年9月14日号)


→ ほかの記事を読む
→ サイトTOPに戻る

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top