ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > ヒット分析

(2013/09/16)

2CELLOS、お茶の間へのビジュアル戦略でヒット


クロアチア出身のルカとステファンのチェロ奏者2人組。NTTドコモ「ツートップ」のCMで一気に知名度を上げた

 NTTドコモ「ツートップ」のCMに出演する2人組のチェリスト・2CELLOS が話題を集めている。CM曲「影武者」を収録した2枚目のアルバム『2CELLOS2〜IN2ITION〜』(12年11月発売)は、3週連続でオリコン週間ランキングTOP20入りしており、累積3.5万枚。11年9月発売のデビュー作『2CELLOS』も累積6.4万枚を売り上げている。インスト曲でここまでのヒットに結びつけることができたのは、綿密なビジュアル戦略にあるようだ。

 11年9月の日本デビュー時、海外ではすでにネットを中心に注目を集めていたため、その盛り上がりをいかに日本に伝えるかがカギとなった。そこでまずは、見せ方を工夫して、クラシック出身ながら、彼等の素に近い革ジャン姿で、東京・国際フォーラム前で路上ライブを実施してストリート感を演出すると共に、ネットで披露したマイケル・ジャクソンやガンズ・アンド・ローゼズのカバー曲を演奏し、実力をアピール。「話題の真相が伝わることに注力した」(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル マーケティング2部2課/工藤恭子氏) という。

 そうして、確かな実力と音のセンスをコアな音楽ファンに訴求しつつ、今年7月から放送が始まったCMでは白と黒のスーツで荒々しいチェロバトルを披露。インパクトのある演出は多くの視聴者の関心を集め、甲子園で初優勝した前橋育英高校が応援曲として演奏するなど話題を広げることに成功した。

 ヒットの手ごたえについて工藤氏は、「音楽のジャンルを超えたところで、人々の興味が広がった」と分析する。さらに、「生音に関心が集まっている今こそチャンス」と、今後の更なる売り伸ばしを狙っているようだ。
(ORIGINAL CONFIDENCE 13年9月16日号掲載)


2CELLOSの主な動向(表)
■関連記事
> 洋楽シンガー・ソングライターにブームの兆し (13年7月15日号)
> 好みの音楽は20、30代で決まる、音楽ライフ実態調査(13年6月24日号)


→ ほかの記事を読む
→ サイトTOPに戻る

Go to Page Top

Go to Page Top