ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > 特集

(2013/05/27)

“Zepp”がホール事業でアジア展開を本格化


アジア展開を本格化させたZeppライブエンタテインメント(写真はZeppなんば大阪)

 Zeppライブエンタテインメントが従来の国内ホール事業やイベント事業に加え、海外の音楽フェスティバルやアニメ、J-POPカルチャーフェスティバルなどの企画や運営、出資参加を始めると発表した。すでに5月17〜19日に香港で『KawaiiPOP Festival-supported by@JAM-』を開催。『AFA(アニメ・フェスティバル・アジア)』をはじめ、複数のフェスへの参入も決まっている。

 昨年4月に同社の代表取締役に就任した杉本圭司氏は、この参入を「フェス参入を通して、アジアの音楽業界やアーティストに、『Zepp』の啓蒙活動をすることに意義がある」という。一体それはどういうことだろうか? 実はこの向こう側に、大きな事業計画が進んでいる。

 「それはインフラを作る、ということです。アジア各国にZeppを建てます。これまで世界中のプロモーターと仕事をしてきましたが、Zeppは絶大な知名度を誇り、アジアのプロモーターの中には「Zeppツアーが組めるアーティストならば」と、自国でクラブ・サーキットを組む際の目安にする人も少なくない。そもそも、Zeppツアーという言葉それ自体がブランドの高さを示します。このブランド力を最大化させていき、「Zeppアジア・ツアー」、さらに「Zeppワールド・ツアー」を作っていきたいと思いました」


■目指すは日本のZeppからアジアのZeppへ

 杉本氏の発想を支えるのは、Zeppという会場の、ケタ外れに高い利便性にある。スペックはどこも同じで、設営に手間がかからない。それでいてセキュリティ対策や搬入経路などに、徹底した実用性がある。コスト・パフォーマンスの良さが求められるアジアにおいても、その機動性は有利に働く。とはいえ、今回のプロジェクトはライブハウス経営という発想に留まらない。

 「Zeppを中心に、マーケットの活性化を狙います。マーケットが既に存在する場所で、ライブハウスを建てて一緒にやりませんか?というデベロッパー的なやり方は、アジアでは成立しません。第一、アジアの新興国では土地の値段が急速に上がっていますから、物理的に難しい。そうではなく、『一緒にアジアのポップ・カルチャーを作っていこう』という考え方です。日本で培ってきたノウハウを提供し、アジア全体で大きなマーケットを育てる。アジアにはキャパ200〜300人のライブハウスは幾多もありますが、その10倍規模のZeppができれば、『いずれあそこでやる』という地元アーティストの成長ストーリーにもなり得る」

 Zeppアジアの稼動が始まれば「60%はローカルのアーティストに占めてもらいたい」と杉本氏は言う。しかしその一方で、「日本のアーティストが外へ出て行くのをサポートするのは、我々のミッション」と捉え、Zeppアジアは、日本のアーティストが安心してアジア・ツアーを行える場としての役割を果たしていくことにもなるという。

 杉本氏が抱く、一企業としての新たなZepp像は、「日本のZeppからアジアのZepp、そして世界へ」。それは売上以上に、Zeppの影響力の拡大を指すのだという。

 「Zeppがやがてカーネギー・ホールのような殿堂となり、新しいスーパー・スターを生み、アジアのポップ・カルチャー地図を変えることです」

 その第一歩はすでに踏み出された。日本の繊細で優秀なものづくり能力が、アジアのポップ・カルチャーを大きく成長させる日も近いはずだ。


Zeppの出資対象イベント・フェスティバル一覧(13年5月16日時点)
■関連記事
> 宝塚歌劇団、自主興行で目指す国際化「文化交流」から「ビジネス」へ(13年4月1日号)
> Perfumeが世界進出本格始動〜日本でのスタイルをそのまま海外へ(12年9月17日号)



つづきはこちら

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top