ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > ヒット検証

(2012/03/18)

【ヒット検証】ONE OK ROCK タイアップも奏功しファン層拡大


初動11.9万枚を売り上げ、3/18付アルバムランキングで2位に初登場したONE OK ROCKのアルバム『人生× 僕=』

 ONE OK ROCKの6thアルバム『人生×僕=』(じんせいかけてぼくは)が3/18付アルバムランキングで初動11.9万枚を売り上げ、2位に初登場。11年10月発売のアルバム『残響リファレンス』の初動売上6.6万枚を上回り、初となる初動10万超えのスタートとなった。

 10年2月発売のシングル「完全感覚Dreamer」での初TOP10入り(9位)以降、リリースごとにセールスを伸ばしてきた彼らは、特にライブに注力した活動を行ってきた。これまでTV 番組出演や大型タイアップなどはなかったが、ライブやフェス出演を重ね、その様子がTwitter などでの口コミで広がったことで、10代・20代を中心にファン層を拡大した。Twitter やFacebook とライブ映像、ミュージックビデオを連動させた企画を実施するなど、ユーザー発信だけではないSNS施策も展開している。

 こうしてコアファンを形成してきたなかで、昨年8月発売のシングル「The Beginning」が映画『るろうに剣心』主題歌に起用された。同映画は原作漫画が20代後半〜30代に人気があるタイトルだったことに加えて、時代劇ファンを呼び込んだことで、認知も一気に拡大。本誌期待度における本作の発売1週前のアーティスト認知度では、前作と比較して全世代でポイントを伸ばしており、30代以上のファンを獲得していることを裏付けている。  なお、昨年5月よりメジャーデビュー後の作品をiTunes Storeで世界51ヶ国に向けて配信しているが、現在、YouTube ではアルバム収録曲「Be the light」のMVを6ヶ国語の字幕をつけて公開。13年は海外展開も加速させていきそうだ。


●ONE OK ROCK アルバムランキング実績推移



つづきはこちら

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top