ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > ヒット検証

(2012/02/25)

1月期アニメ主題歌 続々上位に キャラソンCD好セールスを記録


クリエイターインタビューを1冊にまとめた特別増刊号の電子書籍版が登場!

「ヒットクリエイターファイル」 Kindleストアで発売中!←詳細


シングルTOP10入りしたearthmind の「ENERGY」

 2/25付シングルランキングでは、1 月スタートのアニメ主題歌が多数上位にランクインした。

 10位に初登場したのは、MBS・TBS他『ビビッドレッド・オペレーション』OPとなっているearthmindの「ENERGY」。昨年12月発売の「ARCADIA」を上回り、順位、初動ともに自己最高のスタートとなった。今期主題歌ではearthmindをはじめ、主にアニメ、ゲームで活躍するアーティストの活躍が目立っており、TOKYO MX他『AMNESIA』のOPのやなぎなぎ、EDのRayなども上位にランクインしている。

 登場キャラクターによる主題歌も好調だ。TOKYO MX他で放送中の『ラブライブ!』からは、ユニット・μ’sによるED「きっと青春が聞こえる」が最高8位を記録。OP「僕らは今のなかで」も最高12位となった。

TBS『僕は友達が少ないNEXT』の“隣人部”によるOP、EDも、第1期に続きTOP30入り。そのほか、『みなみけ ただいま』『たまこまーけっと』なども、キャラクターによる主題歌が好セールスとなっている。声優では、田村ゆかりの「W:Wondertale」が最高5位、野水いおりによるTOKYO MX他『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』のOP「Black†White」が最高22位を記録。

同週付アルバムランキングでは悠木碧、小松未可子らの作品がTOP30入りしており、女性声優シーンはまだまだ盛り上がっていきそうだ。

●2/25 付でTOP50 入りした13 年1月期アニメ主題歌

■関連記事
> アニメタイアップでファン層拡大、UNISON SQUARE GARDEN(13年2月18日号)
> 「声」を軸に次世代の声優アーティスト発掘(12年3月5日号)



つづきはこちら

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top