ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > ヒット検証

(2012/02/18)

アニメタイアップでファン層拡大、UNISON SQUARE GARDEN


UNISON SQUARE GARDENのアルバム『CIDER ROAD』


●メジャーデビュー以降のアルバムセールス推移

■アルバム初の初動1万超え

 UNISON SQUARE GARDENの4thアルバム『CIDER ROAD』が初動売上1.1万枚で、2/8付アルバムランキング9位に初登場。アルバムでは自身初となる初動1万枚超え&TOP10入りを果たした。

 彼らは田淵智也(B)、斎藤宏介(Vo/G)、鈴木貴雄(Ds)による3人組バンドで、08年7月にシングル「センチメンタルピリオド」でメジャーデビュー。東京・下北沢を中心とした精力的なライブ活動や夏フェス出演で着実にファンベースを築いてきた。

 こうしたなかで、11年5月発売の「オリオンをなぞる」がTVアニメ『TIGER&BUNNY』のOPテーマに起用されたことで、初動売上が前作「スカースデイル」の約2倍となる0.7万枚を記録。『劇場版TIGER&BUNNY−The Beginning−』主題歌となった昨年6月発売の「リニアブルーを聴きながら」では初の初動1万枚超えでTOP10入りと、コアな土台作りができてきた段階でアニメタイアップがついたことで、一気に人気を伸ばした。

 特にほぼ全ての作詞・作曲を手がけているベースの田淵はアニメ好きということもあって、最近では戸松遥、LiSA、梶裕貴といったアニソン歌手、声優等への楽曲提供も行っており、アニメファンからの認知も拡大。音楽専門誌のみならず『リスアニ!』『アニメディア』といったアニメ関連媒体で取り上げられることが増え、新規ファン獲得にも成功している。

 この勢いを受け発売された本作『CIDER ROAD』には、「リニアブルーを聴きながら」をはじめ13曲を収録。発売週には全国各地のラジオ局で精力的なプロモーションを行った。アルバムを引っ提げ、2月23日より全国ツアーをスタートする。


■関連記事
> ドラマ、CMのヒット曲がセールスけん引 THE BAWDIES(13年1月28日号)
> 新作が過去最高初動売上、back numberブレイクの理由(12年12月3日号)



つづきはこちら

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top