ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > ヒット検証

(2012/02/11)

洋画系サントラ久々のロングヒット〜『レ・ミゼラブル〜サウンドトラック』


6週にわたりTOP20入りしている『レ・ミゼラブル』のサウンドトラック(12年12月26日発売)


『レ・ミゼラブル〜サウンドトラック』売上動向

 昨年12月21日に公開された映画『レ・ミゼラブル』が公開7週目(2/3付)にして観客動員340万人突破、興行収入も41億円を超える大ヒットとなっている。これは00年以降に日本公開されたミュージカル映画でみると『マンマ・ミーア』(09年公開、興収25.7億円)、『シカゴ』(03年公開、興収33.1億円)、『オペラ座の怪人』(05年公開、40.8億円)を超えるヒットとなる。こうした興行での結果を受け、昨年12月26日に発売されたサウンドトラックも好調を維持。発売以来、6週にわたりTOP20入りを続けており、売上も毎週0.8万枚前後をキープ。累積では5.0万枚まで売り伸ばしている。

 通常、ミュージカル映画は撮影の前に歌をレコーディングし、その歌に合わせて、俳優がいわゆる“口パク”で演技をすることが多いが、本作では、全編カメラの前で演技しながら実際に歌い、そこにオーケストラの音が重ねられた。サントラでも、劇中の“音”がそのまま収録されており、贅沢な作品に仕上がっている。

 洋画作品のサウンドトラックとしては、近作では『バーレスク・オリジナル・モーション・ピクチャー・サウンドトラック』が累積8.9万枚を記録。また、『レ・ミゼラブル』と同じ、ミュージカル映画では、『「オペラ座の怪人」オリジナル・サウンドトラック』が累積22.3万枚のヒットなっており、本作もまだまだロングセールスが期待される。


2000年以降発売の主な洋画サウンドトラック作品の売上一覧(2/11付)
■関連記事
> ODSの活性化で音楽ビジネス拡大の兆し(12年12月17日号)
> エンタテインメント業界専門誌「オリジナル コンフィデンス」概要

つづきはこちら

Go to Page Top


週刊『コンフィデンス』とは

@音楽・映像・書籍のランキング&マーケット動向
Aエンタテインメント市場の調査・分析
B人気作のヒット分析
C業界キーマンのインタビュー

などが網羅できる定期購読誌です。


コンフィデンス 雑誌購読のお申し込み

 

Go to Page Top