ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > ヒット検証

(2013/02/04)

世界規模のヒットが国内にも伝播〜来日パフォーマンスで洋楽市場が活況

 2月4日付のアルバムランキングでは、TOP10内に洋楽4作品がランクイン。12年度は前年同期比で二桁割れした洋楽市場だが、年が明けて活力を取り戻しそうな追い風が吹き始めている。

 その好況を引っ張っているのは、このほど初来日を果たし、1月19日にファンイベントを行ったUK出身の5人組ボーイズグループ、ワン・ダイレクション。昨年11月に発売した2ndアルバム『テイク・ミー・ホーム』が3位(累積売上13.4万枚)と前週に続き、2週連続でTOP5内にランクイン、1stアルバム『アップ・オール・ナイト』も6位(累積売上12.9万枚)となった。

 2作ともに前週より倍以上の売上を示している。また、昨年8月に発売した音楽DVD『アップ・オール・ナイト:ザ・ライブ・ツアー』も大きくセールスを伸ばし、前週67位→今週14位にランクアップ。来日中には記者会見やTV 出演なども精力的にこなし、11 月2、3 日には千葉・幕張メッセ公演を行うニュースも発表された。再来日に向けて売り伸ばしが期待される。

 7位にランクインしたのは、1月26日に東京・恵比寿ガーデンホールで初来日公演を行ったブルーノ・マーズの2ndアルバム『アンオーソドックス・ジュークボックス』(累積売上6.7万枚)。来日中は、NTV系『スッキリ!!』やEX系『ミュージックステーション』などのTV番組で、2ndアルバムから、全米シングル・チャートで6週連続1位を記録中の「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」を披露。その圧倒的なパフォーマンスを受けてセールスが大幅に伸びた。11年に発売した1stアルバム『ドゥーワップス&フーリガンズ』も前週70位→18位と大きくジャンプアップしており、この勢いはまだまだ続きそうな気配を見せている。

 また、前週22位→10位とTOP10内に再ランクインしたのは、テイラー・スウィフトの『レッド』。昨年10月に発売された同作は、12年11/5付で3.2万枚を売り上げて3位に初登場。以降もコンスタントにセールスを積み重ねていたが、1月21日のCX系『SMAP×SMAP』出演や、グラミー賞ノミネートの話題が奏功して、週間売上がアップした。2月11日に開催される「第55回グラミー賞」の結果次第では、さらなる盛り上がりが期待される。


ワン・ダイレクション 2作品の直近5週の週間売上推移


ブルーノ・マーズ 2作品のデイリー売上推移(1/21付〜1/27付)

■関連記事
> 「音源の使用許可」で爆発的に拡がった「江南スタイル」(12年1月14日号)
> 年末特番効果でアーティストのセールス伸長〜NHK紅白、レコ大(12年1月14日号)



つづきはこちら

Go to Page Top

Go to Page Top