ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

WANIMA自己最高初動でアルバム1位

(2018/01/23)

WANIMA、前作アルバムの約5.5倍の初動を記録してアルバム1位



 1/29付【アルバム】1位は3人組ロックバンド・WANIMAの1stフルAL『Everybody!!』(1形態/発売初週12.6万枚)。15年11月にインディーで発売したAL『Are You Coming?』の初動売上2.3万枚の約5.5倍を売り上げる高セールスをたたき出した。昨年6月に発売した初のライブ映像作品『JUICE UP!! TOUR FINEL』でDVD1位、BD3位となっていたが、シングル・アルバムでの首位獲得は今回が初。初週売上も自己最高を記録した。また、同日付の週間デジタルアルバムランキングでも1位に初登場(週間売上1.5万<15,225>DL)。
 CDアルバムとデジタルアルバムでの同時1位獲得は、米津玄師『BOOTLEG』(17/11/13付)以来。同日付週間デジタルシングルランキングでもWANIMAの「シグナル」(週間売上1.3万<12,765>DL/1月17日配信開始)が4位に初登場。NHK紅白歌合戦で歌唱した「ともに」(9位/週間0.8万<8,432>DL)をはじめTOP200内に8作がランクインした。年末年始の音楽特番で楽曲を披露する度に、「ともに」「ヒューマン」「やってみよう」など複数曲デジタルシングルランキング上位にランクインしており、本作の発売が待ち望まれていただけに、期待通りの結果を残したと言っていいだろう。
→WANIMA年末年始のデジタル動向はコチラ

年末年始の音楽特番に数多く出演して認知拡大したリトグリが好初動



 1/29付【アルバム】2位は、女性ボーカルグルー年末年始の音楽特番に数多く出演して認知の3rdAL『juice』(3形態/初動売上5.3万枚)。1年前に発売した2ndAL『Joyful Monster』の初動の約1.3倍となる好調な滑り出しを見せた。本作には、TBS系日曜劇場「陸王」劇中歌「Jupiter」、アニメ『僕のヒーローアカデミア』のEDテーマ「だから、ひとりじゃない」、アニメ『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』OPテーマ「OVER」など13曲を収録。同日付週間デジタルシングルランキングでも「Jupiter」(15位/0.6万DL)を筆頭に5曲がTOP200内にランクイン。WANIMA同様、NHK紅白をはじめ年末年始の音楽特番に数多く出演して認知を広げたことが、本作の好初動につながったようだ。
→年末年始のデジタル動向はコチラ

NEWS、SG22作連続首位で「デビューからのシングル連続獲得数」歴代単独3位
 【シングル】1位はNEWSの最新作「LPS」(3形態/初週売上13.1万枚)。本作で「デビュー曲からの連続1位獲得作品数」を「希望〜Yell〜」(04年5月発売)から22作連続とし、Hey! Say! JUMPと並び歴代3位タイとなっていた同連続記録を歴代単独3位【※】とした。今年結成15周年を迎えるNEWSが “NEWSシングル史上最も「ピース」”な楽曲”と銘打った 「愛・平和・笑顔」がテーマの温かな応援歌。1月24日にはライブ映像作品『NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND』が発売され、3月31日からは全国8ヶ所を廻るツアー「NEWS LIVE TOUR 2018」がスタートする。※「デビュー曲からの連続1位獲得作品数」歴代1位はKinKi Kids(38作連続)、2位はKAT-TUN(26作連続)

ミスチルの配信限定曲が初登場1位



 【デジタルシングル(単曲)】1位はMr.Childrenの配信限定曲「here comes my love」(週間7.2万DL)で初登場1位となった。本作は、1月18日よりスタートした深田恭子主演のCX系ドラマ『隣の家族は青く見える』の主題歌として書き下ろした楽曲で、ドラマの第1回放送終了後約1時間後から配信リリースを開始した。昨年末より長期の制作期間に突入している彼らは、3月18日にさいたまスーパーアリーナで行われるエレファントカシマシのデビュー30周年記念ライブへの出演が決定している。

Go to Page Top

Go to Page Top