ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ドリカム、Aimerが自身の記録更新

(2017/10/17)

ドリカム3年ぶりのオリジナルALで自身の記録更新

【アルバム】1位は、DREAMS COME TRUEの約3年ぶり、18作目のオリジナルアルバム『THE DREAM QUEST』(2形態/初週売上7.0万枚)。本作で自身が持つ女性ボーカルグループ「アルバム1位獲得作品数(※1)」歴代1位記録を通算16作目に更新。さらに、「アルバム総売上枚数(※2)」の歴代1位記録を2975.7万枚に伸ばした。また、アルバム発売と同日に配信開始となったデジタルアルバムも好調で、10/23付で初登場1位を獲得した(週間0.5万<5,472>DL)。本作には、「ドリカム新幹線」のキャンペーン・ソング「九州をどこまでも」、映画『インサイド・ヘッド』の主題歌「愛しのライリー −TDQ VERSION−」を含む全13曲に、5曲のボーナストラックを加えた全18曲を収録。10月21日より、全国12都市32公演の全国ツアーをスタートする。
※1・2:同歴代2位はともにZARDで通算11作、総売上1990.0万枚

【アルバム】10位は、DJ和が8月に発売したJ-POP MIX CD『ラブとポップ 〜好きだった人を思い出す歌がある〜 mixed by DJ和』(1形態/週間売上0.6万枚)。DJ和は、08年3月にソニーミュージック初のJ-POP DJとして『J-ポッパー伝説[DJ和 in No.1 J-POP MIX]』でメジャーデビュー。アーティスト活動を行う傍ら、同社の社員としてA&R業務を行いCDの宣伝も自ら手がけるサラリーマンDJだ。10年目に突入した今年リリースした本作は、表題通り「ラブとポップ」をテーマに2000年代のヒット曲36作を収録。初週売上0.6万枚で8/21付アルバムランキング15位にランクインして以降、翌週8/28付、9/4付で2週に亘って自己最高位の5位をマーク。以降もコンスタントにセールスを重ね、10週に亘ってTOP20入りしており、累積売上を6.0万枚に伸ばしており、これまでの最高累積売上8.6万枚(前出『J-ポッパー伝説〜』)に迫る勢いを見せている。10月7日と9日の2日間、神奈川・海老名サービスエリアで実演販売DJイベントが開催された。


『ラブとポップ 〜好きだった人を思い出す歌がある〜 mixed by DJ和』売上推移


Aimerの最新作がシングル自己最高位ならびに自己最高初週売上に

【シングル】1位は、乃木坂46の最新作「いつかできるから今日できる」(5形態/初週売上85.1万枚)。本作でシングル1位獲得作品数は通算18作目となり、モーニング娘。とならぶ女性グループ歴代2位タイとなった(※3)。また、シングル連続1位獲得作品数も2ndシングル「おいでシャンプー」(12年)から18作連続とし、SKE48とならび女性グループ歴代2位タイだった同記録を単独2位となった(※4)。今作は、メンバー・西野七瀬主演で公開された映画『あさひなぐ』の主題歌。9月22日から全国148スクリーンで公開され、少ないスクリーン数ながら乃木坂46ファンを中心に高い稼動をみせた。センターは西野と齋藤飛鳥がダブルで務めている。11月7、8日には初の東京ドーム公演。11月24日には、シンガポールで開催されるイベント「C3 アニメ・フェスティバル・アジア」の初日に出演。同グループにとって初のアジア公演となる。
※3:女性グループ歴代1位はAKB48の通算36作/※4:女性グループ歴代1位はAKB48の36作連続

【シングル】2位は、女性シンガーソングライターAimerの最新作「ONE/花の唄/六等星の夜 Magic Blue ver.」(4形態/初週売上2.8万枚)。16年11月に発売した「茜さす/everlasting snow」(3形態/初週売上1.4万枚/累積売上2.3万枚)を大きく上回り、シングル自己最高位ならびに自己最高初週売上を更新した。本作に収録された「花の唄」は、10月14日に公開された劇場版アニメ『劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower』の主題歌。人気PCゲーム「Fate/stay night」の劇場版3部作の第1弾。全国128スクリーンで公開され、興収ランキング1位となり大ヒットスタートを切った作品だ。

Go to Page Top

Go to Page Top