ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ハイスタのフルALが自身初の1位

(2017/10/10)

Hi-STANDARDの18年ぶりフルALが自身初の1位

【アルバム】1位は、Hi-STANDARDの18年ぶりとなるオリジナルフルAL『The Gift』(1形態/初週売上12.2万枚)。昨年10月に発売した16年半ぶりとなる新作「ANOTHER STARTING LINE」(1形態/累積売上23.0万枚)でのシングル1位に続き、自身初のアルバム1位となった。これまでのアルバム最高位は997/12付で3位となった『MAKING THE ROAD』(99年6月発売)と、00/4/17付、同4/24付で3位の『Love Is A Battlefield』(00年4月発売)【※】だったが、本作でこれを上回った。
また、アルバムと同日に発売されたDVD『Live at AIR JAM 2000』(1形態/初週売上3.0万枚)もDVDランキングで1位を獲得した。同作は00年8月に開催したロックフェス「AIR JAM 2000」でのライブを収録したもの。これで、『Live at AIR JAM 2011』(12年)から3作連続、通算3作目の同ランキング1位となり、インディーズレーベルからのアーティスト作品による同・通算獲得記録で1位となった。
10月26日から全国アリーナ&ライブハウスツアー「The Gift TOUR」をスタートする。

【アルバム】2位はNMB48のリーダー、山本彩の2ndソロAL『identity』(2形態/初週売上3.7万枚)。16年に発売した1stソロAL『Rainbow』(初週売上5.0万枚/累積売上6.8万枚)の最高3位を上回った。前作に引き続き亀田誠治がプロデュースを担当した作品で、10月9日よりAbemaTVで放送開始したドラマ『ふたりモノローグ』の主題歌「Let’s go crazy」を含む全13曲が収録されている。

【アルバム】7位はヒップホップ・ユニット“PSG”のメンバー・PUNPEEの1stソロAL『MODERN TIMES』(1形態/初週売上1.0万枚)。PUNPEEは同グループの活動のほか、ヒップホップ・アーティストを中心にトラックやリミックスの提供、また宇多田ヒカルの配信番組「30代はほどほど。」へのDJ出演など、幅広く活動している。
 
Sexy Zone、デビューからのSg1位獲得記録を更新

【シングル】1位はSexy Zoneの最新作「ぎゅっと」(3形態/初週売上11.9万枚)。本作で歴代6位記録を持つ「デビューからのシングル連続1位獲得作品数」を、デビュー曲「Sexy Zone」(11年)から14作連続に更新した。本作はメンバー・菊池風磨が主演するドラマ『吾輩の部屋である』(日本テレビ系)の主題歌。菊池が3ピースバンドnicotenの宮田航輔と共に作詞を手がけている。また、振付はグループ初の試みとしてメンバー5人が担当した。

【シングル】2位は、今年で結成20周年を迎えたモーニング娘。(モーニング娘。’17)の最新シングル「邪魔しないでHere We Go!/弩級のゴーサイン/若いんだし!」(8形態/初週売上11.1万枚)。同グループがアーティスト歴代1位の記録を持つ「シングルTOP10入り作品数」を通算64作目に更新した。本作は、今年の秋ツアーをもって卒業する10期メンバー・工藤遥にとってのラストシングル。前作「BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー」(今年3月発売)の累積9.0万枚を初週で上回った。

Go to Page Top

Go to Page Top