ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

『この世界の片隅に』BDがTOP3内に2作

(2017/09/19)

『この世界の片隅に』、BD/DVD合わせて5.7万枚をセールス

9/25付【Blu-ray Disc】では、劇場版アニメーション映画『この世界の片隅に』のBD2作品『この世界の片隅に【特装限定版】』(1位/初動売上2.4万枚)、『この世界の片隅に』(3位/同2.0万枚)が、TOP3内に2作品、【DVD】では『この世界の片隅に』(初動売上1.3万枚)が2位にランクイン。BDとDVDの合計では5.7万枚を売り上げた。本作は、今年3月に発表された「第40回日本アカデミー賞」で「最優秀アニメーション作品賞」受賞作。昨年11月の映画公開時には小規模館数でのスタートだったにも関わらず、興行収入初登場10位にランクインすると、その後もさらに口コミで観客動員を重ね、最終的には累計動員数200万人、興行収入26億円を突破する異例の大ヒットを記録した。1944(昭和19)年の広島県を舞台に、18歳で軍港の町・呉の家に嫁いだ主人公・すずの日常を通し、戦時中の人々の日々の暮らしを描かれており、現在も全国で公開中。さらに海外では世界29の国と地域での上映が決定しており、最近ではアメリカ、フランスでの高い評価も話題となっている。

玉森裕太(Kis-My-Ft2)の主演舞台がDVD1位

【DVD】1位はKis-My-Ft2の玉森裕太が主演を務めた舞台『DREAM BOYS』(初週売上6.2万枚)。06年6月発売のKAT-TUN、関ジャニ∞の出演による『DREAM BOYS』に次いでシリーズ2作目の総合1位となったうえ、玉森裕太主演作としては、14年1月発売のTVドラマ『ぴんとこなDVD-BOX』での3位を上回り、自身初の1位に。また初週売上も16年5月発売の映画『レインツリーの国』でのBD作品『レインツリーの国豪華版(初回限定生産)』で記録した0.9万枚(9439枚)を上回り、自己最高を記録した。ボクシングを題材とした『DREAM BOYS』は、04年に滝沢秀明主演でスタートして以降、キャストや内容を変えながら開催されている人気の舞台公演で、昨年通算上演回数500回を達成。玉森は、13年の『ドリームボーイズJET』より主演を務めており、今作には主演4年目となった16年公演の模様を収録。初回生産限定盤には主演の玉森と、舞台に出演したKis-My-Ft2の千賀健永、宮田俊哉による楽曲「next dream」や、それぞれのソロ曲を収録した劇中歌を収録した特典CDが付いている。

Go to Page Top

Go to Page Top