ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

福山雅治が3つの歴代1位記録を更新

(2017/09/19)

福山雅治の約2年ぶりのシングルが通算18作目の1位

【シングル】1位は福山雅治の約2年ぶりのシングル「聖域」(4形態/初週売上5.8万枚)。シングル1位獲得は通算18作目で、「化身」(09年)以来9作連続となる。今作で、自身が歴代1位の記録を持つ、“男性ソロアーティストシングル1位記録”と、“シンガーソングライター1位記録”(※2位は宇多田ヒカルの12作)、さらには、“男性ソロアーティストシングル・アルバム総売上枚数1位記録”(今作で2410.0万枚)と、3つの歴代1位記録を更新した。
表題曲はテレビ朝日系木曜ドラマ「黒革の手帖」の主題歌に起用されており、ミュージックビデオでは、ギター、カメラ、メガネなど自身の愛用品を披露したことも話題になった。
☆男性ソロアーティスト「シングル1位獲得作品数」歴代TOP3
1位:福山雅治(18作)
2位:近藤真彦(16作)
3位:田原俊彦(12作)

☆男性ソロアーティスト「シングル・アルバム総売上枚数」歴代TOP3
1位:福山雅治(2410.0万枚)
2位:長渕剛(2164.4万枚)
3位:槇原敬之(2099.8万枚)

【シングル】2位は女性5人組ボーカルグループ・Little Glee Monsterのシングル「明日へ」(2形態/初週売上2.0万枚)。前作「だから、ひとりじゃない」(今年5月発売)の最高3位を上回る自己最高位となった。9作目のシングルとなる今作では、メンバーが初めて作詞に挑戦。迷いや不安、未来へ向かう強い決意を自らの言葉で綴ったメッセージソングとなっている。

【シングル】6位はデビュー40周年を迎えた山下達郎の最新作「REBORN」(1形態/初週売上0.9万枚)。シングルのTOP10入りは「光と君へのレクイエム」(13年)より3作連続、通算12作目となった。同作は今週9月23日から全国公開となる山田涼介主演映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の主題歌に起用されている。

桑田佳祐のアルバム『がらくた』が3週ぶりに1位返り咲き

【アルバム】1位は、ソロ活動30周年を迎える桑田佳祐の6年半ぶりのオリジナルアルバム『がらくた』(5形態/週間売上1.3万枚)。発売初週にあたる9/4付以来、3週ぶりに1位に返り咲いた。桑田作品の1位返り咲きは、シングル「波乗りジョニー」(01年)で初登場1位、同7/30付で2週ぶりに1位返り咲き)以来となり、アルバムでは87年のソロ活動開始以来初となる。男性ソロのオリジナル作品による1位返り咲きは、稲葉浩志のソロ1stアルバム『マグマ』(97/2/10付で初登場1位、同2/24付で返り咲き)以来20年7ヶ月ぶりとなった。本作は、16年発売シングル「ヨシ子さん」、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』の主題歌「若い広場」などバラエティに富んだ全15曲が収録されている。

Go to Page Top

Go to Page Top