ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

AKB48、音楽CD総売上で歴代3位

(2017/09/05)

韓国ガールズグループBLACKPINKの日本デビューALが1位

【アルバム】1位は、韓国の4人組ガールズグループBLACKPINKの日本デビュー作となるミニアルバム『BLACKPINK』(5形態/初週売上3.9万枚)。海外アーティストの日本デビューアルバムによる初登場1位は、ロシアのガールズデュオt.A.T.u.『t.A.T.u.』(03年)、BLACKPINKと同じ事務所(YG ENTERTAINMENT)の先輩ガールズグループ2NE1(※)『NOLZA』(11年)に次いで史上3組目となる。メンバーは、韓国、オーストラリア、タイ出身の4人で構成されている。韓国では16年8月に1stシングルアルバム「SQUARE ONE」でデビューしているが、実質的なアルバムとしては本作が初となる。7月20日には日本武道館で「BLACKPINK PREMIUM DEBUT SHOWCASE」を開催。8月27日には味の素スタジアムで行われた「a-nation 2017」に出演。アルバム発売日の8月30日には日本テレビ系『スッキリ!!』に生出演して初の日本TV生パフォーマンスを披露した。
※16年に解散

【アルバム】3位は、今年結成20年となるKICK THE CAN CREWの14年ぶりの最新アルバム『KICK!』(2形態/初週売上2.0万枚)。04年より活動休止しており、14年に約10年ぶりに活動を再開していたが、本格的な再始動は今年に入ってからとなる。アルバムTOP3入りは03/12/1付でベスト盤『BEST ALBUM 2001-2003』(最高1位)以来13年9ヶ月ぶり。9月7日に日本武道館で復活祭を行い、12月1日東京Zepp DiverCityを皮切りにツアー「KICK THE CAN CREW CONCERT TOUR 2017」を開始する。

【アルバム】8位は、B'zの全シングルを網羅した初のBOX作品『B'z COMPLETE SINGLE BOX』(5万9400円(税込)/初週売上0.5万枚)。本作は88年9月の1stシングル「だからその手を離して」から53rdシングル「声明/Still Alive」までを網羅したCD53枚(全117曲)と、1st〜52ndシングル表題曲全54曲のライブ映像集『B’z LIVE-GYM COLLECTION』を収録した特典DVD2枚を収録。09/9/21付で10位を記録したザ・ビートルズの限定盤BOX『ザ・ビートルズMONO BOX』(3万9800円(税込))の単価を上回り、男性アーティスト史上最高額商品によるアルバムTOP10入り新記録となった。

AKB48、音楽CD売上で女性アーティスト歴代1位に

【シングル】1位は、AKB48の最新シングル「#好きなんだ」(11形態/初週売上109.0万枚)。AKB48の首位獲得は、「RIVER」(09年)から連続36作目。同グループが持つ「女性グループ歴代最多記録」「シングル通算1位獲得作品数」、女性アーティスト歴代最多の「シングル連続1位獲得作品数」をともに更新。また、本作で「シングルミリオン通算達成作品数」は通算31作目、連続30作目となり、自身の「全アーティスト歴代最多記録」を更新した。これで、同グループの音楽CD(シングル・アルバム)総売上枚数は5129.8万枚となり、浜崎あゆみの5067.5万枚を上回る歴代3位、女性アーティストとしては歴代1位となった。

Go to Page Top

Go to Page Top