ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

桑田佳祐、ソロ活動30周年アルバム1位

(2017/08/29)

【アルバム】1位は、今年ソロ活動30周年を迎える桑田佳祐の6年半ぶりとなるオリジナルアルバム『がらくた』(初週売上16.8万枚)。初回限定版A、B、C、通常版に加え、アナログの計5形態で発売された。桑田佳祐のソロアルバムによる1位獲得は、『TOP OF THE POPS』(02年)から4作連続、通算6作目(ベストアルバムを含む)。また今作の初週売上16.8万枚は、今年に入ってからのソロアーティストによるアルバム最高売上を記録した。今作には、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』主題歌「若い広場」、『JTB 2017』TVCMソング「オアシスと果樹園」、『WOWOW開局25周年』CMソング「ヨシ子さん」など全15曲を収録。本作を引っ提げ、全国10ヶ所18公演の全国アリーナ&5大ドームツアー開催も決定した。

Flower、シングルでは初の1位

【シングル】1位は、6人組ガールズグループFlowerの最新作「たいようの哀悼歌」(4形態/初週売上5.8万枚)。これまで、アルバムでは『THIS IS Flower THIS IS BEST』(16年)が16/9/26付で1位を獲得していたが、シングルでは「瞳の奥の銀河」(15年)、「やさしさで溢れるように」(16年)、「モノクロ/カラフル」(17年1月)での2位が最高位で、本作は、Flowerにとって初のシングル1位曲となった。15作目のシングルとなる今作は、TVアニメ『将国のアルタイル』(MBS/TBS/BS-TBS)のEDテーマ。

【シングル】2位は、韓国の7人組男性グループMONSTA Xの日本2ndSg「Beautiful」(3形態/初週売上4.7万枚)。今年5月にリリースした日本デビュー作「HERO -Japanese ver.-」で、今年度の海外アーティストによるデビュー作で初のTOP3入りを記録したのに続き、自己最高位タイとなった。

星野源、「恋」に続き最新作「Family Song」も20万枚突破

【シングル】7位は、前週8/28付で自身初の1位を獲得した星野源の新作「Family Song」(2形態/週間売上1.7万枚)。2週連続のTOP10入りとなった。また今週付で累積売上が20.9万枚となり、前作「恋」に続いて2作目のシングル20万枚超えとなっている。

【シングル】8位は、中島みゆきの最新作「慕情」(1形態/週間売上1.4万枚)。NHK朝の連続テレビ小説『マッサン』の主題歌であった前作「・の唄」(14年)に続き、2作連続のTOP10入りとなった。本作はテレビ朝日が4月よりスタートした話題の新・昼の帯ドラマ『やすらぎの郷』の主題歌。

Go to Page Top

Go to Page Top