ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

関ジャニ∞ライブ映像が前作超えの好発進

(2018/03/16)

関ジャニ∞のライブ映像が前作を上回る好発進

 3/19付【BD】【DVD】1位は、関ジャニ∞の最新ライブ映像『関ジャニ'sエイターテインメント ジャム』(各2形態/初週売上DVD:13.6万枚、BD:8.0万枚)。DVD/BDともに、17年5月発売の『関ジャニ'sエイターテインメント』より初週売上を伸ばしているが、BDの伸びが若干大きく、DVDとBDのシェアは16年:DVD64.8%/BD35.2%→16年:DVD62.8%/BD37.2%に。本作は、7年7月〜9月にかけて開催された5大ドームツアー「関ジャニ'sエイターテインメント ジャム」(14公演65万人動員。冬公演を含めると1年間で140万人動員)の中からファイナルの9月10日福岡 ヤフオク!ドーム公演の模様を収録。
 DVD初回限定盤にはツアーメイキング映像やMC集などの映像特典のほかライブフォトブックなどを封入、BD盤にはライブ内で流れたアルバム収録曲「Never Say Never」の特別企画映像およびメンバーのコメンタリー(副音声)付き「Never Say Never」の罰ゲーム企画映像を収録。
 
SEKAI NO OWARIの壮大なエンタテインメントショーが両盤TOP3入り



 【BD】3位、【DVD】2位はSEKAI NO OWARIの最新ライブ映像『Tarkus』(各1形態/初週売上DVD:1.2万枚、BD:0.7万枚)。今作は、2017年1月から2月にかけて全国3会場5公演が行われた初のドーム・スタジアムツアーを映像化。「Tarkus(タルカス)」とはFukase原案の物語で、ある国に住むタルカスという青年と、その国を治める王と、ある出来事をそれぞれの視点から語る「森に伝わるおとぎ話」をベースに、ライブが進行していくというもの。会場の中心には大きくそびえ立つ巨大樹が配置され、それを囲むようにメンバーが配置された。ライブ映像というよりはむしろ、壮大なエンタテインメントショーが繰り広げられている。

Go to Page Top

Go to Page Top