ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

KinKi Kidsシングル歴代単独最多記録樹立

(2017/07/19)

KinKi Kids21年連続シングル首位で歴代単独最多記録に

7/24付【シングル】1位は、デビュー20周年を迎えたKinKi Kidsの最新作「The Red Light」(3形態/初週売上20.0万枚)。本作で「シングル1位獲得連続年数」を21年連続(1997年度・2017年度)に更新し、これまで同数で並んでいたB’zの20年連続(1990年度・2009年度)を上回り、歴代単独最多となった。1位獲得作品数は通算38作目で、同時にデビューSg「硝子の少年」(97年7月発売)からの同・連続獲得作品数も38作連続とし、自身が歴代最多のタイトルを持つ「デビューからのシングル連続1位獲得作品数」も更新した。

【シングル】4位は、メディアミックスプロジェクト「BanG Dream!」のスマホゲーム「バンドリ・ガールズバンドパーティ・」に登場する、ゲームオリジナルのアイドルバンド・Pastel*Palettesの1stSg「しゅわりん☆どり・みん」(1形態/初週売上1.4万枚)。同プロジェクト関連のCD作品としては最高位を獲得して、初のTOP5入りとなった。

【シングル】6位は、本作がデビュー作となる19歳の女優・水谷果穂のSg「青い涙」(3形態/初週売上0.9万枚)。6月よりGAYO!で配信されているニューカレドニアを舞台とした本人出演のショートムービー『明日、アリゼの浜辺で』の主題歌。8月11日には、東京・渋谷のshibuya duo MUSIC EXCHANGEにて、ワンマンライブを開催することが決まっている。

GLAYの夏アルバムが通算14作目の1位

【アルバム】1位は、GLAYの最新作『SUMMERDELICS』(3形態/初週売上5.3万枚)。GLAYにとって初の“夏=SUMMER”を冠したアルバムで、およそ2年半ぶり14作目のオリジナルアルバムとなる。アルバム1位獲得は、『JUSTICE』(2013年1月発売)が獲得して以来4年半ぶり、通算14作目の達成となった。本作を引っ提げ、秋からは全23公演23万人動員の大型アリーナツアーを開催する。

【アルバム】2位は、平井堅のオールタイムシングルベスト盤『Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ2』(3形態/初週売上4.1万枚)。前作オリジナルアルバム『THE STILL LIFE』(2016年7月発売)の初週3.5万枚を上回る好スタートを切った。『Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection ’95-’05 “歌バカ”』(2005年11月発売)以来、約12年ぶりのベスト盤となる今作の全形態には、平井自身が敬愛するアーティスト10組の書き下ろしによる新録音源10曲を収めたスペシャルディスクがついている。

Go to Page Top

Go to Page Top